甘いものを食べてもダイエット的には全然大丈夫、ということをあなたにお話したころですが、甘いものを食べるのにはコツがあって、甘いものは間食やデザートとして食べるということを守ればいいのです。たったそれだけ。

甘いもの「ばっかり」食べると太りやすくなりますよ。

ダイエットしている人たちによくあるのが、できるだけ摂取カロリーを減らすために、ご飯やおかずをあまり食べないようにし、その代わり、大好きなお菓子やケーキはたっぷり食べるということなのです。

でも、これをやると以下の3点で後々泣く目にあいますよ。

1.食欲がおかしくなってしまう。

(理由) 甘いものばかり食べるということは、炭水化物が90%以上というような、栄養の極度の偏りを生じてしまう。

ビタミンなどの必要な栄養が欠乏し、それが原因で内臓や脳の働きが狂い、脳や内臓がつかさどっている食欲のコントロール機能がやられてしまう。

その結果、時間の経過とともに最初の頃よりも甘いものを沢山食べないと満足できないようになる。甘いものを食べる量がどんどん増えると、食欲がますますおかしくなります。

いくら食べても満足できない体質にさえなっていきます。

間違っても、あなたの「我慢」が足りなくなったとは考えないでね。そのような勘違いをすれば、殆どの場合、対処を大きく間違うので、さらに食欲がおかしくなりますよ。

2.体が細いわりに、脂肪があちらこちらに醜く張り付いた体に変わっていく

(理由)甘いものばかりを食べると、あなたのすい臓からインシュリンが出すぎるようになる。インシュリンは、甘いものを脂肪に変えて、体にどんどん蓄えてくれる。


3.代謝が低下する=痩せにくい体質になる

(理由) 1の場合と理由はとても似ている。必要な栄養が足りないので、体の中の代謝の働きが低下する。代謝が下がると、食べたものが燃えにくくなるため、体の温度が下がる。代謝がよくて痩せやすい人は体温が37度近くあるのが普通。反対に太りやすい体質になると、体温が34~35度台といった低体温になる。


 食べても太らないシリーズ 

  • 食べてやせる、5つの大きな理由 
  • 過食症を治す:過食が過食を生む
  • 太らない食べ物・食べ方
  • ギャル曽根、痩せの大食いの謎
  • 褐色脂肪細胞を増やす:これが多いと痩せる
  • むくみの原因を退治し、代謝アップ!


  • 甘いもの太る、痩せる?記事一覧

    ダイエットと甘いものは敵対関係?

    甘いものを食べてもダイエット的には全然大丈夫、ということをあなたにお話したころですが、甘いものを食べるのにはコツがあって、甘いものは間食やデザートとして食べるということを守ればいい...

    甘いものが止めれない

    甘いものが止められない人がよく口にします。「私って意志が死ぬほど弱いんです。本当なんです」と。「甘いものが止められない自分」の罪を告白してくれるのはいいのですが(笑)、自分...

    甘いもの依存体質

    甘いものへの依存体質になってしまいやすいのは、太りやすい体質だからとか、意思が弱すぎる人間だとか、そういったことではないようです。そう見えるかもしれませんが、それはあくまで...

    甘いものを食べると糖尿病になる?

    糖尿病は甘いものを食べ過ぎるとなりやすいと言われています。それは本当のことですが、糖尿病は甘いものをそれほど食べていなくてもなる場合があります。主に体質や先天的なことに原因があるよ...

    甘いものを食べ過ぎる

    甘いものを食べ過ぎるという悩みをよくききます。甘いものを時々食べ過ぎるのは殆どの人に起きることですし、だからと言って特に問題はありません。甘いものを大量に食べ過ぎるのが習慣...

    ストレスと甘いもの

    ストレスがあると甘いものを食べたくなる人が多いですね。ストレスで甘いものを食べ過ぎるのには、いくつかの理由があるのですが、あまり知られていないのは以下のことかな。ストレ...